4月の米自動車販売、市場の底入れ示唆も-5月1日発表

米国の4月の自動車販売台数は、 年率ベースで前月に比べ横ばいとなり、市場の底入れを示唆する可能 性がある。

ブルームバーグがアナリスト7人を対象に実施した予想平均によ ると、4月の新車販売台数(乗用車・ライトトラック)は前月比変わ らずの年率990万台となる見込み。2月は同910万台で、1981年以来 の低水準だった。昨年1年間の実績は1320万台。4月の統計は5月1 日に発表される。

自動車販売は消費者信頼感とともに持ち直しつつある可能性があ る。民間調査会社コンファレンスの4月の消費者信頼感指数は2005 年以来の大幅な上昇だった。国内総生産(GDP)の約7割を占める 個人消費も、1-3月期は2年ぶりの大幅な増加を記録した。

CSMワールドワイドのアナリスト、マイケル・ロビネット氏は 「信用環境と信頼感がすべてだ」と指摘。「ゆっくりとではあるが、 信用逼迫(ひっぱく)の解消は続いている。消費者信頼感にも過去の ような落ち込みは見られない」との認識を示した。

一方、前年同月比ベースでの減少は続いている。ゼネラル・モー ターズ(GM)とクライスラーの4月の販売台数はともに37%減の見 通し。フォード・モーターは30%減が見込まれている(アナリスト5 人の予想平均)。

アナリスト4人の予想によると、トヨタ自動車の4月の販売台数 は前年同月比37%減、日産自動車は28%減、ホンダは27%減の見込 み。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE