日本株は小幅続伸へ、円安で輸出関連一角に買い-米自動車問題重し

東京株式相場は、小幅続伸が予想 される。外国為替相場の円安方向への動きを受け、採算向上期待から 電機など輸出関連株の一角に買いが先行する公算が大きい。ただ、米 自動車大手のクライスラーが破産法適用の申請に追い込まれたことな どで米経済への余波が懸念され、上値は重そうだ。

野村証券の佐藤雅彦エクイティ・マーケットアナリストは、「円 安を好感した買いで輸出株の一部が買われそうだが、ゼネラル・モー ターズを含めた米自動車問題の行方、米大手銀行に対するストレステ スト(健全性審査)への不透明感もあり、積極的な売買は手控えられ る」と見ている。

米シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物6月物(円建て)の 4月30日清算値は8860円で、大阪証券取引所の通常取引終値比変わ らず。30日の日経平均株価終値は8828円。

NY外為は円が2週間ぶり安値に

4月30日のニューヨーク外国為替市場では円が売られ、ユーロ とカナダ・ドルに対して2週間ぶり安値まで下落。米企業の1-3月 (第1四半期)決算が総じて予想を上回っていることに加え、為替市 場の安定を受け、投資資金が高利回り資産に向かった。

ニューヨーク市場での流れを引き継ぎ、5月1日早朝の東京市場 でも1ドル=98円台半ば、1ユーロ=130円台前半と前日午後3時時 点より円安水準で推移する。日本株市場では、為替採算の改善期待を 背景に、電機や自動車、機械など輸出株の一角が買われる見通し。

クライスラーが破産法適用申請

クライスラーは30日、ニューヨーク市の裁判所に連邦破産法11 条に基づく会社更生手続きの適用を申請した。イタリアのフィアット との提携を含む再編を通じて事業を簡素化し、債務を圧縮することが 狙い。

クライスラーは破産申請を回避し、追加の政府支援を受けるため、 米政府が設定した期限である4月30日までにリストラ計画をまとめ ようと各方面と交渉。同社はフィアットとの提携や有担保ローンの69 億ドル圧縮、医療保険基金への支払い義務の106億ドル削減を模索し た。しかし、一部債権者が22億5000万ドルへの債務軽減を拒否した ことから、破産法の適用申請に至った。

30日の米株式相場は、ダウ工業株30種平均が前日比17.61ドル (0.2%)下げて8168.12ドルで終了。朝方は100ドル以上高い場面 もあったが、石油のエクソンモービルを中心にエネルギー株が売られ たほか、クライスラーが破産法適用の申請に追い込まれたのが売り材 料となった。一方、ナスダック総合株価指数の終値は同5.36ポイン ト(0.3%)高の1717.30。

ストレステスト結果発表を延期

日本時間この日朝方に、米連邦準備制度理事会(FRB)が米大 手銀行に対するストレステストの結果発表を延期すると伝わった。米 政府当局者らが30日明らかにした。米銀首脳は、ストレステストの 暫定的な結果について監督当局と協議している。米政府当局者らによ ると、結果発表の新たな日程は1日にも公表される可能性がある。当 初は4日公表の予定だった。

ストレステスト結果発表の延期報道を受け、シカゴ24時間電子 取引システム(GLOBEX)のS&P500種株価指数先物が軟化す る場面もあり、日本株への重しとなる可能性もある。

あすからの5連休を控えたゴールデン・ウィークの谷間というこ ともあり、「様子見ムードが強く、小動きに終始しそうだ」と、野村 証の佐藤氏は話している。

キヤノンや富士通が上昇へ、大日印や村田製に売りか

個別では、為替の前提を円安方向に見直したことなどで2009年 12月期の連結純利益予想を上方修正したキヤノンが買われそう。構造 改革効果などで10年3月期の連結営業利益は前期比16%増を見込む富 士通、10年3月期の連結営業損益が黒字に浮上する見通しのセイコー エプソン、09年3月期の連結純利益が従来予想を上回った日本テレビ 放送網も上昇する可能性がある。

半面、エレクトロニクス分野の需要急減などを受け、09年3月期 の連結最終損益が赤字に転落したもようの大日本印刷、10年3月期に 連結最終赤字に落ち込む見通しの村田製作所が売られそう。災害特別損 失などが増えて09年3月期の最終赤字額が拡大した東京電力、10年3 月期の連結純利益は前期比20%減を計画する三井不動産、10年3月期 に7期ぶりの連結最終赤字に転落する見通しのオークマも軟調の見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE