コンテンツにスキップする

米メットライフ:1-3月は8年ぶりの赤字、投資評価損で-株価下落

米生保最大手メットライフが30 日発表した2009年1-3月(第1四半期)決算は、四半期ベースで 2001年以来8年ぶりの赤字となった。投資資産の評価損や利回り低下 が響いた。発表後の時間外取引で株価は4.9%下落した。

発表文によると、1-3月期の純損益は5億4400万ドル(1株当 たり71セント)の赤字。前年同期は6億4800万ドル(同84セント) の黒字だった。一部項目を除いた1株利益は20セントと、ブルームバ ーグがアナリスト17人を対象にまとめた予想平均(33セント)を下 回った。

ロバート・ヘンリクソン最高経営責任者(CEO)は昨年暮れ、 23億ドルの増資や投資損失の確定を通じ財務の立て直しを図った。こ れにより株式市況悪化への対応準備が整い、過去1年間の株価騰落率 は業界2位のプルデンシャル・ファイナンシャルを上回った。

フリードマン・ビリングス・ラムジー・グループのアナリスト、 ランディ・ビナー氏は、決算発表前のインタビューで「状況が変わっ た。資金を調達しバランシスート上の現金を確保することが最も賢明 な措置になった」と指摘した。

メットライフの30日株価終値は、前日比0.2%高の29.75ドル。 決算発表後の時間外取引では一時28.28ドルと、終値に比べ1.47ドル 下落した(ニューヨーク時間午後4時42分現在)。過去半年の下落率 は約1.5%と、S&P500スーパーコンポジット生命・医療保険株指数 (13%)をアウトパフォームしている。

-- Editor: Dan Kraut, William Ahearn

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Andrew Frye in New York at +1-212-617-1869 or afrye@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rick Green at +1-212-617-5804 or rgreen18@bloomberg.net .

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE