舛添厚労相:横浜の男子高校生1人が新型インフル感染の疑い

舛添要一厚生労働相は1日未明、 厚労省で緊急会見し、横浜市に住む17歳の男子高校生1人に新型イン フルエンザ感染の疑いがあるとの届け出が30日に同市からあったこと を明らかにした。会見はTBSのCS放送「TBSニュースバード」 が生中継した。

この高校生は4月10日から25日までカナダのブリティッシュコ ロンビア州に滞在。簡易検査でインフルエンザAの陽性反応が出た。 高校生は発熱のほか、せきやたんの症状があるという。

厚労相は「これは簡易検査なので、その後PCRその他の段階の 検査をやらないと正式には分からないが一応、疑いのある患者の届け 出の第一号ということだ」と語った。最終的に新型インフルエンザか どうかは国立感染症研究所での最終的な検査で正式に判明する。

一方、感染の可能性があった別の20歳代の女性はその後の検査で 新型インフルエンザではないという結果が出たという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE