野村HD社長:資産運用会社の買収を模索-早期黒字化へリテール拡大

野村ホールディングス(HD)の渡 部賢一社長は30日夕に開いた2009年戦略説明会で、リテール(個人向 け)業務のシェア拡大を目標に掲げ、選択肢の一つとしてセットマネジ メント(資産運用)会社の買収も模索していく考えを明らかにした。早 期の黒字化を目指す姿勢も強調した。

野村は09年3月期決算でリーマン・ブラザーズの事業買収負担や金 融混乱が重なり、過去最大の赤字を記録した。この日の説明会はその後 の収益回復に向けた道筋を示すためのもので、記者向けの会見に先立ち 機関投資家や証券アナリスト向けにも開催した。

渡部社長は、証券・資産運用業界の再編を「またとないチャンス」 と位置づけ、「野村アセットマネジメントが持っていない能力」を補え る「ワールドクラス」の会社が買収の対象になるとの考えを示した。一 方、米シティグループが売却を進める日興アセットマネジメントについ ては「一般論として興味がない人はいない」と述べるにとどめた。

三井住友フィナンシャルグループによる米シティ傘下の日興コーデ ィアル証券買収など大手邦銀が証券業務を強化する動きについて、渡部 社長は、「若干の組み合わせの変更があっても、すでに競争相手で環境 は変わらない。メガバンクは顧客でもあり、多面的につきあっていく」 と述べた。

--取材協力:日向 貴彦 Editor: Kazu Hirano

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 河元 伸吾 Shingo Kawamoto +8-13-3201-3540 skawamoto2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保義人 Yoshito Okubo +8-13-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Philip Lagerkranser +852-2977-6626 lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE