ライフステージ:民事再生手続きの開始申請―負債総額114億円(2)

分譲マンション事業を手がけるライ フステージは30日、民事再生手続の開始を大阪地方裁判所に申請し、受 理されたと発表した。サブプライム問題の余波で経営難に陥り、09年5 月15日に上場廃止の決定が見込まれるなか、抜本的な事業再建策が不可 欠と判断したという。負債総額は保証債務を含め約114億円。

同社は1990年に設立。新築分譲マンションの受託販売事業を中心に 近畿圏や首都圏で事業を展開したが、米サブプライム住宅ローンに端を 発した金融市場の混乱と不動産市場の悪化で、資金繰りが行き詰った。

大阪証券取引所に上場した当初の06年7月には60万円台を付ける 局面もあった同社の株価は、その後値を大きく下げた。08年9月には浮 動株時価総額が上場廃止の基準未満まで減少した。この日の株価終値は 4380円だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE