香港株(終了):上昇、月間で1年半ぶり大幅高-富士康が高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指 数は月間ベースで1年半ぶりの大幅高となった。1-3月(第1四半 期)の米個人消費が予想を上回る伸びとなり、世界経済が回復しつつ あるとの楽観的な見方が広がった。

携帯電話機の受託生産で世界最大手の富士康(2038 HK)が19% 高。1-3月期決算で54%増益となった中国2位のビール会社、青 島ビール(168 HK)は12%上昇した。携帯電話サービスで中国2位 のチャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)は3.1%高。1-3月期 利益がアナリスト予想を上回った。

フィデリティ・インターナショナルの運用部門プレジデント、ア ンソニー・ボルトン氏は、「ゆっくりした景気の上向きが見られるだ ろうが株式市場にとってはそれで十分だ」と述べた。「弱気相場が終 わるすべての要因がそろった」との見方も示した。

ハンセン指数は前日比564.04ポイント(3.8%)高の15520.99。 一時は4.2%高となる場面もあった。月間では14%上げ、2007年10 月以来で最大の値上がりとなった。ハンセン中国企業株(H株)指数 は前日比3.3%高の9084.91。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE