今日の国内市況:日経平均は大幅反発、債券下落-円は軟調

東京株式相場は大幅反発。米国で 個人消費の改善が示され、欧州ではユーロ圏景況感指数が上昇転換、国 内でも朝方発表された3月の鉱工業生産指数が前月比で6カ月ぶりに上 昇し、世界経済の底入れ期待が広がった。外国為替相場で円高が一服し たことも好感され、輸出関連株を中心に幅広い業種が高い。

日経平均株価の終値は前営業日比334円49銭(3.9%)高の8828 円26銭、TOPIXは同25.80ポイント(3.2%)高の837.79。東 証業種別33指数はすべて上昇。

米国で29日に発表された第1四半期(1-3月)のGDP速報値 は前期比年率6.1%減少と、市場予想中央値(4.7%減)を下回った。 ただ項目別に見ると、個人消費がプラスに浮上、企業の在庫調整の進展 も見られ、今後の底入れを期待させる部分もあった。また、欧州連合 (EU)の欧州委員会が29日発表した4月のユーロ圏景況感指数(速 報値)は67.2と、11カ月ぶりに上昇した。

一方、取引開始前には経済産業省が3月の鉱工業生産指数(速報 値)を発表。同月の鉱工業生産は前月比1.6%上昇し、企業の在庫削減 の進展や輸出減少ペースの緩和を背景に、電子部品・デバイスや一般機 械などが生産の上昇に寄与した。同時に発表された4月の製造工業生産 予測指数は前月比4.3%上昇、5月は6.1%上昇となった。

日米欧の景気改善期待に加え、為替市場では対ドル、対ユーロで 28日と比べ円安展開となったことも重なり、トヨタ自動車やホンダ、 ソニー、京セラなど輸出関連株に資金が流入。TOPIXの上昇寄与度 には1位電機、2位輸送用機器と輸出関連が並んだ。

国内外で好材料が重なり、この日の日本株は朝方から値を切り上げ 、日経平均は早々に米シカゴ先物市場(CME)の日経平均先物6月物 (円建て)の29日清算値8770円を上回り、351円高まで上げ幅を広 げた。午後に入ると、米自動車大手クライスラーの再建問題を巡る報道 が錯そうしたことをきっかけに、外国為替市場で円がやや強含み、日本 株も伸び悩む場面が見られたが、午後中ごろから持ち直した。結局この 日の高値圏で終了した。

東証1部の値上がり銘柄数は1378、値下がりは240、売買高は25 億1636万株、売買代金は1兆6717億円。

債券は下落、景気底入れ期待で

債券相場は下落(利回りは上昇)。米国では景気底入れ期待から株 高、債券安となったほか、日本でも鉱工業生産が堅調だったことが材料 視された。現物市場の取引が総じて手控えられるなか、国内株価反発を 受けて先物中心に売り圧力が強まった。

東京先物市場の中心限月6月物は、28日終値より41銭安い136 円89銭で始まり、株高を受けて売りが膨らむと一時は136円60銭ま で下げ幅を拡大させた。しかし、午後には136円70銭台で下げ渋り、 結局は31銭安の136円99銭で引けた。日中売買高は2兆7757億円 。

米国では1-3月の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速 報値が前期比年率6.1%減少したが、個人消費は過去2年間で最高の伸 びを示した。また、日本の3月の鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇と 6カ月ぶりに上昇に転じたほか、予測指数は4月が4.3%上昇、5月は

6.1%上昇となるなど、日米で景気指標に改善の兆しが示された。

もっとも、投資家が現物売りで追随していないことから、債券先 物も午前に売りが一巡すると下げ渋る展開だった。

現物債市場で新発10年物の299回債利回りは、28日終値より

2.5ベーシスポイント(bp)高い1.435%で始まった後に売りが優勢と なると一時は1.45%をつけた。しかし、午後には1.44-1.445%でも み合いとなり、その後は1bp高の1.42%まで上げ幅を縮めた。

4月半ば以降には投資家から期間収益確保を狙った買いが入り、 その後に月末接近に伴う保有債券の年限長期化需要もあったが、こうし た買いはひとまず一段落したもようだ。

日銀はこの日に開催した金融政策決定会合において政策金利を

0.1%前後に据え置き、長期国債の買い入れ額も月1.8兆円に維持した。 今回の会合における金融政策の現状維持は予想通りと受け止められた。

円軟調、株高でリスク許容度改善期待

東京外国為替市場では円が軟調。米自動車大手クライスラーの破た ん懸念から逃避的な円買いが強まる場面も見られたが、株価が堅調に推 移するなか、リスク許容度改善期待を背景に円からユーロなど外貨に資 金を振り向ける動きが優勢だった。

円は対ユーロで1ユーロ=130円60銭と今月17日以来の安値ま で下落。一時はクライスラーが米連邦破産法適用を回避するための米財 務省との協議が決裂したと米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じ たことを受け、128円93銭まで円が買われる場面も見られていた。

日本銀行は30日、経済・物価情勢の展望(展望リポート)を公表 し、成長率と物価の見通しを1月の中間評価の中央値から下方修正した 。日銀は「世界的に景気の下げ止まりに向けた動きがみられ始めてい る」としながらも、こうした動きが世界経済の順調な回復につながって いくか「なお不確実」とした。

30日の東京株式相場は大幅反発。前日発表された米国の1-3月 期の国内総生産(GDP)で個人消費がプラスに転じたことやこの日発 表された日本の鉱工業生産指数が予想を上回る上昇となったことから景 気の底入れ期待が強まった。

この日の東京市場も株高を手掛かりに円売りが先行。円は対ドルで 一時、1ドル=97円86銭まで下落。午後にはクライスラーの破たん懸 念から一時、97円15銭まで値を戻す場面が見られたが、上値は重く、 欧州市場に向けては97円台後半まで弱含んでいる。

また、株高を背景にドルも上値の重い展開が続き、対ユーロでは1 ユーロ=1.3381ドルと今月14日以来、約半月ぶり安値まで値を下げ た。

豚インフルの感染拡大を受け、世界保健機関(WHO)は29日、 新型インフルエンザ警戒水準を「フェーズ4」から「フェーズ5」に引 き上げたと発表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE