メキシコ:政府が一部業務を停止へ、企業にも自粛促す-豚インフル

メキシコは豚インフルエンザの感 染拡大を防ぐため、連邦政府の一部業務を停止する。政府は民間企業 に対しても業務自粛を促した。

カルデロン大統領はテレビ放送を通じ全国民向けに演説し、「多 くの家族にとって、こうした措置は犠牲を伴うものだが、自分自身の 健康を守ることができれば実施に値する」と表明した。

コルドバ保健相は29日、記者団に対し、研究所での検査により確 認された豚インフルエンザウイルスによる死者数が7人から8人に、 確認感染例も49件から99件に増えたと発表。疑い例のうち17人が新 たに死亡し、死亡者数は176人に達したという。

一方、カルステンス財務相は、豚インフルエンザ発生でメキシコ の国内総生産(GDP)が0.3-0.5%減少する可能性があると指摘し た。

メキシコ政府は非基幹業務を5月1日から5日まで停止する。中 央銀行を含む金融関連業務は通常通り続けるという。メキシコ石油公 社(ペメックス)も通常通り操業する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE