コンテンツにスキップする

独インフィニオン:09年度売上高見通し引き下げ、1-3月赤字(2)

欧州2位の半導体メーカー、ドイ ツのインフィニオン・テクノロジーズは30日、2009年1-3月(第 2四半期)決算が9四半期連続の赤字となったことを受けて、09年度 通期(08年10月-09年9月)の売上高見通しを下方修正した。

同社がこの日発表した1-3月期決算は、赤字幅が2億5800万ユ ーロと、前年同期の19億6000万ユーロから減少。前年同期は破たん した半導体メモリー部門キマンダの関連費用が重しとなった。ブルーム バーグのアナリスト調査では、1-3月期は1億8000万ユーロの損失 (予想中央値)と見込まれていた。売上高は前期比10%減の7億4700 万ユーロ。

インフィニオンは09年度の売上高が前年度比20%減少するとの 見通しに引き下げた。従来見通しは最低15%から最大20%の減少の予 想だった。同社は4-6月(第3四半期)の売上高について、前期比 10%増と見込んでいる。

ペーター・バウアー最高経営責任者(CEO)は発表資料で、 「09年度前半には、フリーキャッシュフロー(純現金収支)流出を抑 えるため、設備投資や運転資金を大幅に削減した」と説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 東京 Keiko Kambara +81-3-3201-2359 kkambara@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Frances Robinson in Frankfurt at +49-69-92041-205 or frobinson6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Lars Klemming in Stockholm at +46-8-610-0728 or lklemming@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE