ティベリウス:商品ファンド運用資産、約170億円増-相場上昇で

スイスのティベリウス・アセッ ト・マネジメントは、商品ファンド2本の運用資産が今年、計1億 7000万ドル(約170億円)増加し、同社の運用資産総額が約14%膨 らんだことを明らかにした。銅や原油、砂糖などの商品の相場上昇が 背景にある。

ティベリウスの共同創業者、クリストフ・エイブル氏(30)による と、同社のファンド「コモディティー・アルファOP」と「アブソル ート・リターン」の運用資産がそれぞれ約8500万ドル増加した。同 社の運用資産総額は約14億ドルで、向こう半年間にさらに1億ドル 増加する見通し。

調査会社のヘッジファンド・リサーチによると、ヘッジファンドか らの資金の引き揚げは1-3月(第1四半期)に1030億ドルに達し たが、商品投資への回帰が進んでいる。商品19銘柄で構成するロイ ター・ジェフリーズCRB指数は昨年36%下げ、過去50年で最大の 落ち込みを示したが、今年3月以降、8.9%上昇している。

エイブル氏は27日、ロンドンでのインタビューで「投資心理は非 常に楽観的だ」との見方を示した。同社の投資家のうち約6割を年金 基金や保険会社が占める。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE