インドのWPI:18日終了週は0.57%上昇にとどまる

インド商工省が30日発表した 18日までの週の卸売物価指数(WPI)は前年同期比で0.57%上昇 にとどまった。成長率が6年ぶり低水準となるなか、商品価格の下落 や需要の鈍化が影響した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想では、前 年同期比0.13%の上昇と見込まれていた。11日終了週は同0.26%上 昇だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE