海運のUSシッピング・パートナーズ:破産法適用申請-運賃下落で

米石油製品海運会社のUSシッ ピング・パートナーズは29日、連邦破産法11条(日本の民事再生法 に相当)の適用を申請した。商品運搬レートの下落が背景にある。

USシッピング・パートナーズがニューヨークの破産裁判所に届 け出た文書によると、同社の資産総額は7億1740万ドル、負債総額 は6億650万ドル。関連会社26社も会社更生手続きの適用を申請し た。

USシッピング・パートナーズによると、最大の無担保債権者は ジェフリーズで、貿易関連の債務は225万ドル。無担保債権者は 1000業者未満で、USシッピングはこれらの債権者が債権を回収で きる見込みであることを示唆した。

商品の海運レートが昨年、92%下落したことを受け、アルマダ (シンガポール)やブリタニア・バルク・ホールディングス(ロンド ン)と同社のデンマーク部門であるデンマーク・ブリタニア・バルカ ーズが破産法を申請している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE