富士フイルムHD:今期600億円の最終赤字に-海外軸にリストラ(2

富士フイルムホールディングスは 30日、今期(2010年3月期)の連結純損益が600億円の赤字に転落す る見通しだと発表した。海外を中心に約5000人の業務を「スリム化」 する費用などを計上するのが響く。

今期の売上高予想は前期比5.5%減の2兆3000億円。営業損益は 900億円の赤字を見込んでいる。営業損益の赤字は、1949年3月期以来 61年ぶり。前期(09年3月期)の営業損益は373億円、純損益は105 億円のともに黒字だった。

世界景気の悪化が続き、液晶材料やデジタルカメラ、傘下の富士ゼ ロックスの複合機など、主力製品の販売が苦戦している。今期はリスト ラのほか、製造費や販管費など経費の削減や部材コストの低減にも取り 組む。構造改革費用は今期と来期(11年3月期)の2年間で1600億円 を計画。これに伴う効果は来期まで2年間で1000億円と見込んでい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE