全米自動車労組、クライスラーとの労働協約改定案を承認

全米自動車労組(UAW)は29 日、組合員投票で米自動車大手クライスラーとの労働協約案を承認した と発表した。米政府が定めた再建計画の提出期限は30日となっている。

UAWが電子メールで配布した資料によれば、同労組は労働協約 の改定を生産労働者の賛成82%で可決した。UAWは米国の従業員約 2万6800人を代表している。

クライスラーは、イタリアのフィアットとの提携や最大60億ドル (約5850億円)の追加融資確保のため、UAWとの労働協約案の合意 を必要としていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE