08年度の国内建機出荷、7年ぶりの前年割れ18%減-建機工(2)

(第2段落以降を追加します)

【記者:松井博司】

4月30日(ブルームバーグ): 国内建設機械メーカー75社で組 織する日本建設機械工業会(CEMA)が30日発表した2008年度の 国内建機メーカーの出荷金額は、前年度比18%減と01年度以来、7 年ぶりに前年度の実績を割り込んだ。世界的な需要減で国内出荷、輸 出とも2けた減と大幅に落ち込んだ。

出荷の約7割を占める輸出分は同16%減。主力の油圧ショベルや、 ミニショベルなどの不振が響いた。国内出荷は同23%減と輸出以上の 落ち込みとなった。

出荷金額は、世界的な景気後退の兆候が出始めた08年6月、5 年9カ月ぶりに減少に転じ、特に対前年度比で2けたマイナスが08 年11月から続いた。08年度最終月である09年3月の出荷金額は同 57%減まで下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE