NY原油時間外:小動き、51ドル近辺-通常取引は株高で上昇

ニューヨーク原油先物相場は30 日の時間外取引で小動き。前日の通常取引は株高を好感して上昇した。 世界経済や燃料需要が間もなく回復するとの楽観的な見方が広がった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限はシン ガポール時間午前10時9分(日本時間同11時9分)現在、1バレル 当たり50.97ドルで推移している。前日の通常取引は1.05ドル高の

50.97ドルで引けた。

アジアの株式相場は、企業業績や3月の日本の鉱工業生産が予想 を上回ったことを好感して上昇。米エネルギー省が29日発表した先 週の原油在庫は約410万バレル増の3億7460万バレルとなり、1990 年9月以来の高水準を記録した。

コモディティー・ワランツ・オーストラリア(シドニー)のアナ リスト、トビー・ハッサル氏は「原油相場を押し上げたのは、株高と ドル安だ。原油在庫はあまり材料視されていない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE