東京外為:円が小動き、米自動車大手破たん警戒でリスク投資慎重

東京外国為替市場では円が小動き。 米自動車大手クライスラーの再建計画提出期限を迎え、破産法適用申 請の可能性が警戒されるなか、投資リスクが取りづらく、積極的に円 から外貨に資金を振り向ける動きは限られている。

ドル・円相場が1ドル=97円台半ばで推移。前日の海外市場では 米国株の上昇を背景に一時、97円97銭まで円が売られる場面も見ら れていた。

ユーロ・円相場も1ユーロ=129円台半ばと、海外市場で付けた 約1週間半ぶり円安値、130円4銭から円が水準を切り上げて推移し ている。

ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替本部長の斉藤裕司氏は、海外 市場では米国の国内総生産(GDP)で個人消費がプラスに転じたこ となどを手掛かりに円売り・ドル買いが進んだが、持ち高調整の可能 性が高いと指摘。クライスラーの問題や豚インフルエンザといった懸 念材料がくすぶるなか、「ここからのリスクテーク(リスクを取る動 き)は限られる」とみている。

一方、経産省が30日発表した3月の鉱工業生産指数は前月比

1.6%上昇と6カ月ぶりのプラスとなり、事前予想も上回ったが、今の ところ円相場への影響はほとんど見られていない。

クライスラー問題と豚インフル

オバマ米大統領は30日午前、クライスラーによる連邦破産法の適 用申請と、同社のイタリアのフィアットとの提携を発表する計画だ。 事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。同関係者の1人が匿名で 語ったところによれば、政府当局は依然として懸案解決に取り組んで おり、計画はまだ最終案ではない。複数の関係者は破産法適用申請が ある場合、早ければ30日中に行われる可能性があると述べた。

29日の米株式相場は米経済の底入れ期待から堅調に推移してい たが、クライスラーの報道を受け、引けにかけて上げ幅を縮小した。

また、豚インフルの感染が8カ国と全米11州に広がったことを受 け、世界保健機関(WHO)は29日、新型インフルエンザ警戒水準を 「フェーズ4」から「フェーズ5」に引き上げたと発表。世界景気へ の影響が懸念されるなか、市場ではリスク回避に伴う円買い戻しの動 きが再び強まる可能性がある。

斉藤氏は、「豚インフルエンザがヒトやモノの移動に影響し始め ており、今後、世界経済への影響がかなり出てくる可能性がある」と 指摘。その上で、きょうの東京市場では「月末ということで投信設定 に絡んだ円売り期待もある」ものの、「リスク許容度は限定され、ド ル・円の上値を抑えることになる」とみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE