エリクソンとSTマイクロ、合弁事業で1200人削減へ-赤字受けて

無線通信ネットワーク機器最大手、 スウェーデンのエリクソンは29日、欧州最大の半導体メーカー、ST マイクロエレクトロニクスとの合弁事業で1200人規模の人員削減を行 うと発表した。

エリクソンの発表によると、両社の移動体通信合弁事業は今年2 -3月に8900万ドルの営業損失を計上。純売上高は3億9100万ドル だった。STマイクロエレクトロニクスのアラン・デュテイユ最高業務 責任者(COO)は、純売上高について、景気下降と携帯電話に対する 消費者の需要が弱まっていることを反映していると説明した。

両社は合弁事業について即効性のあるリストラを実施し、年間2 億3000万ドルの景気節減の達成を目指す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE