ブラジル中銀:政策金利1ポイント下げ10.25%に-予想通り(2)

ブラジル中央銀行は29日開いた 金融政策委員会で、政策金利を1ポイント引き下げ、過去最低の

10.25%に設定した。同国経済が今年マイナス成長に陥るのを防ぐのが 目的。

ブルームバーグが調査したエコノミスト57人のうち41人が1ポ イントの利下げを予想していた。同中銀は3月に1.5ポイント、1月 に1ポイントのそれぞれ利下げを実施している。

バンコWestLB・ド・ブラジルのチーフエコノミスト、ロベ ルト・パドバニ氏は電話取材に対し、「この日の利下げは前回より小 幅だったが、金融当局の積極的な姿勢を反映しており、景気の落ち込 みに対応したものだ」と指摘した。

ブラジルでは雇用が大量に失われ生産が縮小し、政府が掲げる 2%成長の達成が危ぶまれており、中銀は景気てこ入れに努めている。 政府の成長率目標は年初に4%から既に下方修正されているが、米モ ルガン・スタンレーは4.5%のマイナス成長を見込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE