NZ中銀:政策金利を0.5ポイント引き下げ過去最低の2.5%に(2)

ニュージーランド(NZ)準備銀 行(中央銀行)は30日、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・ レートを0.5ポイント引き下げ過去最低の2.5%に設定した。同中銀 は、リセッション(景気後退)脱却を促すため、政策金利を来年後半ま で低水準に維持する方針を示した。

NZ準備銀行のボラード総裁は発表資料で「われわれは2010年後 半まで、政策金利を現行水準ないしはそれより下に維持すると予想す る」とした上で、「向こう数四半期間に、政策金利は緩やかに低下し得 る」と述べた。

ボラード総裁は昨年7月以来、5.75ポイントの利下げを実施。過 去30年余りで最悪のリセッションからの回復を後押しするため、イン グリッシュ財務相は1日に所得税を引き下げた。エコノミストは、年内 または来年初めに景気が上向くようにするためには政策金利を長期間据 え置くことが必要だと指摘している。

バンク・オブ・ニュージーランド(BNZ)のシニアエコノミスト、 クレーグ・エバート氏は政策金利発表前に、「政策当局者は、若干の成 長を促すためにあらゆる合理的手段を行う必要がある」と指摘。「中銀 は長期の低金利を示唆することで寄与できる」と説明した。

NZドルはウェリントン時間午前9時4分(日本時間同6時4分) 現在、1NZドル=0.5673米ドルと、政策金利発表前の0.5731米ド ルから下げた。

ブルームバーグがエコノミスト13人を対象に実施した調査では、 11人が0.5ポイントの利下げを予想、残り2人が0.25ポイント下げ を予測していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE