米不良資産買い取り、100社以上が参加申請-官民投資プログラム

米財務省は29日、不良資産を買 い取る官民投資プログラム(PPIP)に100社を超す資産運用会社 が参加申請したと報告した。

財務省は声明で「選考基準として、民間資本を調達する能力があ り、納税者を守るという財務省の目標に即した方法で資産を運用できる 企業が望ましい」と発表した。同声明によると、財務省は参加申請した 運用会社に一次審査の結果を5月15日前後に通知する予定。

PPIPでは、銀行の貸し付けを妨げている不良資産の処理を目 指し、米政府が民間投資家に融資を提供する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE