欧州債(29日):ドイツ国債、終盤に反発-10年債利回り3.12%

欧州債市場では、ドイツ国債相 場が終盤に反発した。来週に予定されている米国債入札の発行額が一 部の市場予測を下回ったことが材料視された。

ドイツ連邦銀行のウェーバー総裁が、同国経済がリセッション (景気後退)から脱する時期はまだ不透明だと発言したことも、相場 反発の一因だった。米商務省が29日発表した第1四半期(1-3 月)の米実質国内総生産(GDP)は前期比で年率6.1%減少し、市 場予想を上回る悪化となった。米財務省は同日、来週予定している四 半期定例入札の規模を710億ドルと発表した。

野村インターナショナルの債券ストラテジスト、ショーン・マロ ーニー氏は「米債発行額が一部で予想されたほど悪くないことで、欧 州国債市場にはある程度の安心感があった」と語った。

ロンドン時間午後5時半現在、10年債利回りは前日比2ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.12%。同国債(表面 利率3.75%、2019年1月償還)価格は0.13ポイント上げ105.14。 2年債利回りは1.31%と、前日から1bp下げた。一時は1.37%ま で上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE