米MBA住宅ローン申請指数:前週比18%低下-借り換え落ち込む

全米抵当貸付銀行協会(MB A)が29日発表した24日まで1週間の住宅ローン申請指数(季節 調整済み)は960.6と、前週の1172.2から18%低下した。金利低 下にもかかわらず、借り換えが大幅に落ち込んだことが響き、同指数 は2月初め以来で最大の低下となった。

MBAによれば、借り換え指数は前週比22%低下の5108.2 (前週は6540.7)となり、購入指数は251.6と前週から0.6%低 下した。

住宅ローン30年物固定金利は平均で4.62%と、前週の

4.73%から低下した。同金利は3月末に4.61%まで下げ、1990年 の統計開始以来の低水準を記録した。15年物固定金利は4.45%と前 週の4.46%から低下した一方で、変動金利型住宅ローンの1年物金 利は6.23%と前週の6.19%から上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE