メキシコのアメリカ・モビル:1-3月は19%増益-市場予想上回る

中南米最大の携帯電話サービス 会社、メキシコのアメリカ・モビルが28日発表した2009年1-3 月(第1四半期)決算は、前年同期比19%増益となった。国内での 携帯電話使用量が増加し、アナリスト予想を上回る増益となった。

電子メールでの発表資料によると、純利益は164億ペソ(1株 当たり0.49ペソ)と、前年同期の138億ペソ(0.40ペソ)から増 加。ブルームバーグがまとめたアナリスト4人の予想平均では152 億ペソと見込まれていた。

売上高は前年同期比15%増の938億ペソと、アナリストの予想 平均943億ペソを下回った。

メキシコの資産家カルロス・スリム氏が経営権を持つ同社は、最 大市場であるメキシコが景気悪化に直面するなか、携帯電話利用拡大 を目指し同国で値下げに踏み切った。メキシコの携帯電話利用者の月 間通話時間は平均185分と、前年同期に比べ8.2%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE