コンテンツにスキップする

仏テレコムの1-3月:4.4%減益、テレビ事業のコスト響く

欧州3位の電話会社、フランステレ コムが29日発表した2009年1-3月(第1四半期)決算は、前年同期 比4.4%減益となった。新規に開始したテレビ事業のコストが響いた。

発表資料によると、EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却 控除前利益)は43億ユーロと、前年同期の46億3000万ユーロを下回っ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想では、44億5000 万ユーロが見込まれていた。売上高は前年同期比 2.6%減の126億9000 万ユーロ。アナリストは128億4000万ユーロを予想していた。

同社はフリーキャッシュフロー(純現金収支)を12年まで、08 年 並みの80億ユーロに維持するとの3月時点の見通しをあらためて示し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE