米財務省:来週の四半期定例入札、過去最大規模の710億ドルに

米財務省は来週予定している四半 期定例入札の規模を過去最大の710億ドル(約6兆8700億円)と発表。 財政赤字額が記録を更新する中、30年債入札の頻度を増やすことも明 らかにした。

これによると、5月5日に3年債を350億ドル、6日に10年債 を220億ドル、7日には30年債140億ドルを入札する。現行では年 間8度実施している30年債入札を毎月実施することになる。

財務省はまた、短期的な借り入れ需要に対応するため、今四半期 にキャッシュマネジメント・ビル(CMB)を発行する予定で、この うち一部は「比較的期間が長いものになる」という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE