コンテンツにスキップする

4月28日の海外株式・債券・為替市場

○米国株:続落。午前に発表された4月の消費者信頼感指数は予想 以上に上昇したが、金融機関の増資懸念や豚インフルで景気回復が 遅れるとの観測が手掛かりとなった。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグループはいずれ も下落。米ウォールストリート・ジャーナル紙が、ストレステスト (健全性審査)の結果、BOAとシティは資本増強を余儀なくされ る可能性があると報じたのが売り材料だった。

デルタ航空は大幅下落。豚インフルで輸送が減少するとの懸念 が背景。自動車のゼネラル・モーターズ(GM)も安い。GMが提 示した270億ドル相当の社債を株式に転換する案に対し、保有者ら が受け入れに否定的な姿勢を示したのが嫌気された。

S&P500種株価指数は前日比2.35ポイント(0.3%)安の

855.16で終了。ダウ工業株30種平均は同8.05ドル(0.1%)下げ て8016.95ドルで終えた。ラッセル2000指数は0.7%上昇した。

RBCバンクのジョセフ・キーティング最高投資責任者(CI O)は「金融システムの健全性には絶えず不透明感がある。さらに 今は豚インフルの問題と経済活動への影響も考える必要がある」と 語った。

消費関連株が上昇

この日の相場は終日、上昇と下落を繰り返す展開となった。金 融株が売られたものの、4月の消費者信頼感指数が2005年11月以 来の大幅な伸びを記録したことが好感され、消費関連株は上げた。

クレジットカード大手アメリカン・エキスプレスや自動車フォ ード・モーターなどの決算内容を手掛かりに、S&P500種は3月 9日以降これまでに26%上昇した。ガイトナー米財務長官が発表し た金融機関から最大1兆ドルの不良資産を買い取る計画もリセッシ ョン(景気後退)脱却を早める一助になると受け止められ、S&P 500種の支援材料となっている。

これまで第1四半期決算を発表したS&P500種採用企業のう ち、アナリスト予想を上回る業績を計上した企業は68%だった。

BOAとシティの増資懸念

BOAとシティはいずれも下落。ウォールストリート・ジャー ナルによると、両行はいずれも審査に関する米連邦準備制度理事会 (FRB)の暫定報告に反発しており、詳細な反証を挙げる見通し だ。

BOAとシティの広報担当はいずれもコメントを避けた。

フリードマン・ビリングス・ラムジー・グループのアナリスト、 ポール・ミラー氏は、同社が実施したストレステストに基づき、B OAは600億―700億ドルの増資が必要との見方を示した。両行は これまでにすでに計900億ドルの公的資金注入を受けている。

S&P500種金融株価指数は1.8%下落。産業別10指数の中で 下落率が最大だった。

豚インフルの流行

豚インフルの流行で旅行が減少するとの観測を材料に、デルタ 航空、ユナイテッド航空親会社のUALはいずれも下落した。

米疾病対策センター(CDC)は豚インフルの感染者数は全米 で64人に達したと発表した。メキシコでは豚インフルの感染が疑わ れる死者が最大152人に上った。豚インフルは英国、イスラエル、 カナダ、ニュージーランド、スペインでも確認されている。

○米国債:30年債が大幅安。利回りは過去7週間で最も上昇した。 財務省が30年債入札を現在の年8回から12回に増やし、50年債を 初めて導入するとの思惑を背景に売りが膨らんだ。

30年債利回りは5カ月ぶり高水準を付けた。財務省が29日に 発表する入札の詳細を控えて売りが出た。財務省がこの日実施した 5年債入札で落札利回りが市場予想を上回ったことも売り材料。発 行額は同年限としてはこれまで最高の350億ドルだった。

クレディ・スイス・セキュリティーズUSAの金利ストラテジ スト、カール・ランツ氏は「30年債は毎月、発行あるいは追加発行 となる可能性が高い。市場参加者のそのニュースに向けて持ち高を 調整しており、50年債を導入するとの思惑も流れた」と指摘した。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後4時34分現在、30年債利回りは前日比12ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇の3.95%。一時は3月16日以来 で最大となる14bp上昇した。30年債価格(表面利率3.5%、2039 年2月償還)価格は1 31/32下げて92 1/8。

利回りは一時3.9756%と、昨年11月19日(4.12%)以来の高 水準を付けた。

10年債利回りは一時、3.0185%まで上昇。2月9日に付けた今 年最高水準である3.049%に3bp未満に迫った。2月の水準を上 抜くと、昨年11月以来の高水準となる。年初来の最低水準は1月 15日に付けた2.14%。

50年債発行の思惑

財務省は前回2月に四半期入札の詳細を発表した際、同省の借 入諮問委員会(BAC)が50年債について協議したことを明らかに した。財務省当局者はこの日、50年債発行に関する協議について言 及を避けた。

クレディ・スイスのランツ氏は50年債導入について「予想はし ていないが、その思惑が出ていることはリスクだ」と述べた。

米資産運用会社ブラックロックのマネジングディレクターで債 券部門共同責任者のピーター・フィッシャー氏は昨年12月2日、ブ ルームバーグ・ラジオとのインタビューで、米財務省が政府の借り 入れコスト軽減を目指し100年債の発行を検討すべきだとの見方を 示した。同氏は2001年8月から03年10月まで財務次官を務めた。

5年債入札

この日の5年債入札の結果によると、最高落札利回りは1.94% と、入札直前の市場予想の1.922%を上回った。前回(3月25日) は1.849%だった。

投資家の需要を測る指標の応札倍率は2.22倍。過去10回の平 均である2.20倍を上回った。海外の中央銀行を含む間接入札の落札 全体に占める割合は30.8%だった。過去10回の平均は31.5%。

底入れの兆し

景気底入れの兆候も安全資産としての米国債売りにつながった。 米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した4月の米消費 者信頼感指数は39.2と前月の26.9(速報値は26)から上昇、ブル ームバーグのまとめたエコノミスト予想 中央値(29.7)も上回った。 伸び幅は2005年11月以降で最大だった。

全米20都市を対象にした2月の米スタンダード・アンド・プア ーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数は前年同月比で18.6% 低下。2001年の集計開始以来で最大の落ち込みを記録した前月(19% 低下)から低下率がわずかに縮小した。

米国債市場ではインフレ観測が強まっている。通常の10年債と インフレ連動国債(TIPS)10年物の利回り差は3.06ポイント に拡大した。これは2006年11月以来で最大。

FOMC

米連邦準備制度理事会(FRB)は29日に米連邦公開市場委員 会(FOMC)の結果を発表する。30日には国債買い切りオペを実 施する。

債券ファンド大手、米パシフィック・インベストメント・マネ ジメント(PIMCO)の共同投資責任者、ウィリアム・グロス氏 は28日、米10年債利回りが3-3.10%のレンジを上抜けた場合、 FRBは米国債の購入規模を増やす可能性が高いとの見方を示した。 同氏はブルームバーグラジオとのインタビューで語った。

2年債と10年債の利回り差は2.05ポイントと、昨年11月24 日以来で最大に拡大した。

○NY外為:ドルが対ユーロで下落。4月の米消費者信頼感指数が

39.2と前月の26.9から上昇したことで、逃避先としてのドルへの 需要が後退した。

メキシコ・ペソは対ドルで3営業日ぶりに上昇。メキシコ政府 は豚インフルエンザの感染拡大を抑制し、既に低迷している同国経 済への打撃を限定できるとの見方が広がった。ニュージーランド・ ドルは2日続落。ニュージーランド準備銀行が今週、政策金利を引 き下げるとの見方から売りが優勢となった。

BMOキャピタル・マーケッツのグローバル通貨ストラテジス ト、アンドルー・ブッシュ氏は「景気の下降ペースが緩やかになっ ていることが引き続き相場に影響を与えている。市場参加者はリス ク志向を取り戻し、ユーロも若干上昇した。今のところ好ましい状 況だ」と語った。

ニューヨーク時間午後4時1分現在、ドルは対ユーロで0.8% 安の1ユーロ=1.3142ドル(前日は同1.3036ドル)。ユーロは対 円で0.5%上昇し、1ユーロ=126円74銭(前日は126円14銭)。 ドルは対円で0.4%安の1ドル=96円44銭(前日は同96円77 銭)。

メキシコ・ペソは対ドルで1.6%上昇。早朝の取引では1日以 来の安値を付けた。27日には5.1%急落していた。

ホルナダ紙の報道によると、メキシコ市は豚インフルエンザの 感染拡大を防ぐため、5月5日まで市内のレストラン約3万5000店 すべてを閉鎖する。メキシコではこれまで、インフルエンザの症状 で152人が死亡。世界保健機関(WHO)によると、検査により豚 インフルエンザウイルスへの感染が確認された症例は全世界で73 件に達した。

豚インフルエンザに対する警戒レベル

豚インフルエンザに対する警戒レベルは現行システムが2005 年に導入されて以来で最高の「4」に引き上げられた。

円はオーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルに対して 上昇。米政府によるストレステスト(健全性審査)で、一部の大手 銀行の脆弱(ぜいじゃく)性が露呈するとの観測から、投資家は高 利回り資産の保有高を減らした。円は対オーストラリア・ドルで

0.8%上げ、対ニュージーランド・ドルでは1.6%上昇した。

米紙ウォールストリート・ジャーナルは、米銀シティグループ とバンク・オブ・アメリカ(BOA)は、米政府の健全性審査の予 備的な結果で、両行に一段の資本増強が必要になる可能性が示され たと報じた。両行幹部はこの結果について異議を唱えるため当局者 と会談するという。同紙は事情に詳しい複数の関係者の話を基に伝 えた。

ガイトナー財務長官の見解

ガイトナー米財務長官は21日、健全性審査の結果では、米銀 19行の大半が十分な資本を備えていると判断されるとの見解を示し たうえで、追加資本が必要と判断された銀行は財務強化に向けて、 政府が保有する優先株の普通株への転換や、民間投資家からの資金 調達を実施できると指摘した。同審査の結果は5月4日に発表され る予定。

○英国債:相場は上昇した。豚インフルエンザの発生に加え、米国 の一部銀行が資本増強を必要としているとの報道を受けて、安全投 資としての国債需要が高まった。

この日の取引では、英2年債を中心に国債相場が上昇。世界保 健機関(WHO)は豚インフルエンザに対する警戒レベルを「4」 に引き上げた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が 28日、米銀の財務に対するストレステスト(健全性審査)の結果、 シティグループとバンク・オブ・アメリカ(BOA)が監督当局か ら資本増強の必要性を指摘されていると報じたことも支援材料。

英公債管理局(DMO)は国債30億ポンドを入札。過去最大の 2200億ポンド規模の入札計画を発表して以来で最初の入札となった 今回の応札倍率は2.25倍と、前回2月26日の1.35倍を上回った。

バークレイズ・キャピタル(ロンドン)の英国債営業責任者、 アダム・マコーマック氏は「米銀のストレステストが短期債への支 援材料となった。国債相場全般にも豚インフルエンザへの懸念でま ずまずの買いが入っている」と語った。

ロンドン時間午後4時54分現在、2年債利回りは前日比10ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げ1.08%。同国債(表 面利率4.25%、2011年3月償還)価格は0.19ポイント上げ105.81。 10年債利回りは3.45%と、前日を3bp下回った。

○欧州債:ドイツ2年債相場が4営業日連続で上昇した。豚インフ ルエンザの発生で世界景気が打撃を受けるとの懸念が広がったほか、 米国の一部銀行には十分な資本がないとの報道を受けて、安全投資 としての国債需要が高まった。

独2年債利回りは1カ月ぶり低水準まで低下した。欧州中央銀 行(ECB)政策委員会メンバー、オーストリア中銀のノボトニー 総裁は27日、信用ひっ迫の緩和に向けて必要ならば政策手段を拡大 する用意がECBにあるとの認識を示したことがきっかけ。米紙ウ ォールストリート・ジャーナル(WSJ)が28日、バンク・オブ・ アメリカ(BOA)とシティグループがストレステスト(健全性審 査)の結果、米監督当局から資本増強の必要性を指摘されていると 報じたことを背景に、欧州株が軟化したことも支援材料。

野村インターナショナルの欧州金利戦略責任者、チャールズ・ ディーベル氏(ロンドン在勤)は「まだなおリスク回避の動きが国 債相場を左右している。多くの銀行で資本増強の必要があるとの懸 念があったところに、豚インフルエンザ発生が加わった」と語った。

ロンドン時間午後4時15分現在、2年債利回りは前日比3ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.32%。同国債(表 面利率1.25%、2011年3月償還)価格は0.06ポイント上げ99.87。 10年債利回りは3.14%と、前日から2bp下げた。一時は3.10% まで低下した。

ニューヨーク・ニューズルーム

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE