コンテンツにスキップする

米政府、クライスラーの債務削減で債権銀行団と合意-関係者(2)

米政府は自動車大手クライスラ ーの債務圧縮をめぐり債権銀行団と合意に達した。交渉に詳しい関係 者が28日、明らかにした。

同関係者によると、銀行団はクライスラー向け債権69億ドル (約6663億円)を放棄する代わりに、現金20億ドルを受け取る。こ れは米政府が設定した期限である4月30日以降の破産申請を避ける ために必要な措置。

同関係者によれば、破産申請の可能性は消えていない。全46行 が債権放棄の条件を承認する必要があるが、その可能性は低いという。 その場合、反対する銀行を取り込むための応急措置として破産申請が 必要になる可能性がある。

クライスラーは米政府からの40億ドルの融資で事業を継続して いるが、債務再編の期限である4月30日後に政府支援を打ち切られ る恐れがある。クライスラーの広報担当者、ショーン・モルガン氏は コメントを拒否した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: John Hughes in Washington at +1-202-624-1819 or jhughes5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE