コンテンツにスキップする

米ブリストル・マイヤーズ:1-3月利益は予想以上-アビリフィ好調

米医薬品大手のブリストル・マイ ヤーズ・スクイブが28日発表した2009年1-3月(第1四半期)決算 は黒字。一部項目を除く利益はアナリスト予想を上回った。人員削減や 業務のアウトソーシング(外部委託)によるコスト削減のほか、統合失 調症治療薬「アビリフィ」や抗血栓薬「プラビックス」の売り上げ増が 寄与した。

発表資料によれば、継続事業ベースでの純利益は9億2100万ドル (1株当たり32セント)。前年同期は8億7700万ドル(同32セン ト)だった。一部項目を除く1株当たり利益は48セントと、ブルーム バーグ・ニュースがアナリスト12人を対象に実施した調査の予想平均 値を1セント上回った。この利益には、ライセンス料支払いとコンバテ ック部門の売却益は含まれていない。

継続事業ベースの売上高は前年同期比2.5%増の50億2000万ドル。 同社は向こう3年で25億ドルの経費を圧縮するため、人員削減とアウ トソーシングを進めている。

同社は通期の利益見通しを1株当たり1.58-1.73ドル、一時項目 を除いたベースについては1株当たり1.85-2ドルにそれぞれ据え置い た。

決算発表は28日の通常取引開始前。ブリストル株の27日終値は前 日比44セント高の20.54ドル。過去1年では7.3%下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE