コンテンツにスキップする

中国株(午前):上海総合指数、3日続落-ペトロチャイナが安い

28日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は3営業日続落。ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)な どの減益決算に加え、豚インフルエンザの感染拡大に伴い、政府の景気 刺激策では企業収益を押し上げるのに十分でない可能性が出てくるとの 懸念が高まった。

中国最大の石油会社、ペトロチャイナと同国2位の保険会社、中国 平安保険(集団、601318 CH)は、2009年1-3月(第1四半期)決 算が減益だったことが響き、少なくとも2%の値下がり。豚インフルエ ンザの感染拡大を背景に、航空大手の中国国際航空(601111 CH)は

2.7%安となっている。

交通銀行シュローダー・ファンド・マネジメントのファンドマネジ ャー、鄭拓氏(上海在勤)は「決算内容を受けて、今後数四半期以内に 予想通り、企業収益が改善するかどうか、懸念が強まった」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前週末比16.68ポイント(0.7%)安の2388.67。上海、深セン両証 取のA株に連動しているCSI300指数は同0.3%安の2505.71。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE