コンテンツにスキップする

WHO:豚インフルエンザで警戒レベル引き上げへ-関係者(2)

世界保健機関(WHO)は27 日に、豚インフルエンザ流行に関する警戒レベルを前例のない水準まで 引き上げる。WHOの事情に詳しい関係者2人が匿名を条件に明らか にした。

WHOの警戒水準は現在、6段階中の3。4以上はWHOが1999 年に段階別の警戒レベル制を導入して以来で初めてとなる。WHOの指 針によれば、レベル4は「新ウイルスの一定地域への封じ込め、または 拡大の遅延」を目的とする。レベル4に引き上げられた場合、旅行への 警告につながる可能性が高い。

先月見直された指針によれば、WHOは各国政府にメキシコから の出入国者のチェックや旅行の制限、世界的な備蓄からの抗ウイルス 薬の配布、ワクチン開発開始などを勧告する可能性がある。WHOの 報道官はコメントを控えた。

豚インフルエンザがメキシコから米国、カナダに拡大したことで、 1968年の香港風邪以来の大流行への懸念が高まっている。オーストラ リアや日本、シンガポール、韓国などは入国者のチェックを開始。香 港は対応レベルを「シリアス(深刻)」と、「アラート(警戒)」か ら引き上げている。欧州連合(EU)は関係地域への旅行手控えを勧 め、20人の感染が確認された米国は公衆衛生上の非常事態を宣言した。

ワクチンの有効性

米疾病対策センター(CDC)のシューシャット所長はブルームバ ーグテレビジョンのインタビューに応じ、「WHOの勧告発令に続き、 米政府も渡航関連の勧告を変更すると考えられる」とし、27日にも新 勧告が発令される「可能性は十分にある」との見解を示した。

研究者の間では、豚インフルエンザと季節性インフルエンザに関連 性があるとして、季節性インフルエンザのワクチンで、豚インフルエン ザの感染をある程度予防できるとの見方もある。この理論を調査するた め、ミシガン大学の研究者らはワクチン接種の前後両方の血液サンプル を採取した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE