コンテンツにスキップする

香港株(終了):反落、ハンセン2週余りで最安値-豚インフルなどで

香港株式相場は反落し、指標のハ ンセン指数が2週間余りでの最安値で引けた。中国工商銀行(ICB C、1398 HK)株主が保有株を売却するとの報道や豚インフルエンザ拡 大への懸念が響いた。

ICBCは5.9%安。豚インフルエンザ懸念で航空需要が減退す るとの観測からキャセイ航空(293 HK)は8%下落。豚肉加工で中国 最大手の中国雨潤食品集団(1068 HK)は10%安。

アトランティス・インベストメント・マネジメントで運用に携わ るリウ・ヤン氏は、航空株に加え「輸送関連株も影響を受けるだろう。 ただ、豚インフルエンザはまだ香港からは遠い」と話した。

ハンセン指数は前週末比418.43ポイント(2.7%)安の14840.42 と、8日以来の安値。ハンセン中国企業株(H株)指数は同3.8%安 の8641.43。

ICBCは4.02香港ドル。キャセイは8.42香港ドル。中国雨潤 食品は9香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE