コンテンツにスキップする

アジア太平洋のヘッジファンド、1年3カ月で2割近く閉鎖-業界誌

アジア太平洋地域のヘッジファン ドのほぼ20%が、3月までの1年3カ月間に閉鎖に追い込まれた。 営業費用が増加した上に運用成績が振るわなかったことが理由という。 業界誌アジアヘッジが27日、電子メールで配布した資料で明らかに した。

資料によれば、2008年に同地域で閉鎖されたファンドは129本。 09年1-3月(第1四半期)の同本数は17本だった。

地域別で08年中に最も大きな打撃を受けたのは香港で、27本が 閉鎖したという。

投資戦略別で08年に閉鎖本数が最多だったのは、日本株中心の 株式ロングショート型ファンドで、32本が閉鎖。09年第1四半期に も5本が閉鎖した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE