コンテンツにスキップする

米大統領はFRB議長を「100%信頼」-エマニュエル首席補佐官

エマニュエル米大統領首席補佐 官は25日、バンク・オブ・アメリカ(BOA)によるメリルリンチ 買収でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が果たした 役割について検証する動きが出ていることを受け、オバマ米大統領 は同議長に全幅の信頼を置いていると強調した。

エマニュエル首席補佐官は、ブルームバーグテレビジョンの番 組「ポリティカル・キャピタル・ウィズ・アル・ハント」とのイン タビューで「大統領はFRB議長を100%信頼している」と述べた。 同番組は週末に放送された。

BOAのケネス・ルイス最高経営責任者(CEO)は検察当局 に対し、自身はメリルの財務悪化に懸念を持っていたものの、FR Bと財務省の担当者から両社の合併を完了するよう圧力を受けてい たと証言。当局は両社の合併失敗がシステミックリスクを招くこと を懸念し、株主への状況説明を避けるようBOAに求めていたとい う。

バーナンキ議長は23日、報道官を通じ、FRBの当局者が情報 公開についてルイスCEOに助言したことは一切ないと反論してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE