コンテンツにスキップする

中国の経常黒字縮小を予想、景気刺激策の効果で-人民銀総裁

中国人民銀行の周小川総裁は26 日、景気刺激策が内需を喚起するなかで、同国の経常黒字は「もはや 深刻な問題ではなくなるだろう」との認識を示した。

同総裁は国際通貨基金(IMF)の会合に出席するため訪れたワ シントンで記者団に対し、中国の景気刺激策が効果を表し始めるのに 伴い、「経常黒字が今後縮小することを願う」と述べた。さらに「中期 的には、恐らくこれはもはや深刻な問題ではなくなるだろう」との見 通しを示した。

中国国家外為管理局(SAFE)が先週発表したところでは、昨 年の中国の経常黒字は前年比15%増の4260億ドルとなった。モルガ ン・スタンレー・アジアのスティーブン・ローチ会長などのエコノミ ストは、世界経済を持続可能な成長軌道に乗せるため、中国の経常黒 字と米経常赤字は縮小する必要があるとの見方を示している。

世界的な景気減速は米国の輸入需要を抑制し、中国輸出の減少を 招いている。2008年10-12月(第4四半期)の米経常赤字は、貿易 赤字の減少を反映して、1328億ドルに縮小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE