コンテンツにスキップする

NY私立高で8人が豚インフルの疑い-米3州で11人感染

ニューヨーク市の保健当局は25 日の記者会見で、同市クイーンズ地区にある私立高校の生徒の少なく とも8人が豚インフルエンザの疑いがあることを明らかにした。

トーマス・フリーデン局長はセント・フランシス・プレパラトリ ー・スクール(生徒数2700人)で約200人が先週、インフルエンザ に似た症状で欠席したと説明した。症例はいずれも軽度で、病院に収 容された生徒はいない。

保健当局によれば、メキシコで発生した豚インフルとの関連性が あるかどうか26日に結果が判明する。

米疾病対策センター(CDC)によると、メキシコの豚インフル は米国にも広がり、カリフォルニア州とテキサス州、カンザス州で 11人の感染者が確認された。死者はいない。

NY保健当局は私立高校の生徒の感染経路は分からないとしてい る。一部の生徒は春休みに国外を旅行していた。

また同保健当局は同市のブロンクス地区のデイケアセンターで、 インフルエンザの疑いがある30の症例を調査中のほか、メキシコを 旅行した後、病気になったとの電話連絡を数件受けている。いずれも 豚インフルとは確認されていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE