コンテンツにスキップする

米ジョージア州などの地銀4行が破たん-今年に入って29行

【記者:Margaret Chadbourn、Ari Levy】

4月24日(ブルームバーグ)米ジョージア、ミシガン、カリフォ ルニア、アイダホ各州の地銀4行が米当局に接収された。4行の資産 総額は23億ドル(約2200億円)。米国で今年破たんした銀行は29 行と、昨年全体の銀行数を上回った。

破たんしたアメリカン・サザン・バンク(ジョージア州)、ミシ ガン・ヘリテージ・バンク、ファースト・バンク・オブ・ビバリーヒ ルズ(カリフォルニア州)は各州当局が、ファースト・バンク・オブ・ アイダホは米貯蓄機関監督局(OTS)がそれぞれの営業を閉鎖した。 米連邦預金保険公社(FDIC)が4行の破産管財人に指名された。

今回の措置で、FDICの保険基金は計6億9840万ドルのコスト がかかる。うち半分余りはファースト・バンク・オブ・ビバリーヒル ズに関連している。同行は買い手がつかず、FDICは15億ドルの資 産引き受けを余儀なくされた。他の3行は地域の金融機関に買収され る。

シノーバス・ファイナンシャル傘下のバンク・オブ・ノースジョ ージアが、アメリカン・サザンの保険対象の預金と事務所運営を引き 継ぎ、27日に開業する。ミシガン・ヘリテージの預金はレベル・ワン・ バンクが引き受け、3カ所の支店は来週、営業を開始する。預金総額 で米銀6位のUSバンコープはファースト・バンク・オブ・アイダホ の7つの支店の経営権を取得する。

FDICは「預金は引き続きFDICの保険でカバーされる。従 って、顧客は預金保険の対象となるために取引銀行を変える必要はな い」と説明した。

昨年破たんした銀行の総数は25行だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE