コンテンツにスキップする

米財務長官:世界経済の悪化ペースが緩和、市場に改善の兆し

ガイトナー米財務長官は24日、 世界経済の収縮ペースが緩和したもようだと述べ、金融市場の一部 では改善の兆しがみられると指摘した。

ガイトナー長官はワシントンで開催された7カ国財務相・中央 銀行総裁会議(G7)閉幕後、「目に見える課題を過小評価せずに 判断したところ、経済活動と貿易の流れの悪化ペースが緩んだ兆候 が出てきたようだ」と述べた。さらに、「いくらか心強く感じるの は妥当なことだが、昨年秋に世界経済が陥った闇からの脱却が間近 に迫っていると結論付けるのは間違っている」と続けた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Rebecca Christie in Washington at +1-202-654-1273 or rchristie4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simon Kennedy at +33-1-5530-6290 or skennedy4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE