コンテンツにスキップする

IMFリプスキー氏:世界経済には財政・金融面でさらなる刺激策必要

国際通貨基金(IMF)のリ プスキー筆頭副専務理事は24日、世界経済が戦後最悪の不況を乗 り越えるには、各国政府や中央銀行からのさらなる支援が必要との 見解を示した。

リプスキー副専務理事はワシントンでブルームバーグテレビ ジョンのインタビューに応じ、今月ロンドンで開催された20カ国 ・地域(G20)首脳会合(金融サミット)で「約束された金融セク ターへの支援に加え、財政・金融面でさらなる支援が必要だ」と語 った。

同副専務理事はまた、過去2四半期は世界経済にとって第二 次世界大戦以降で最悪だったとし、いずれの先進国も来年まではプ ラス成長に復帰しないだろうとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE