コンテンツにスキップする

英国の政府債務、GDPの4割を超える状況が20年以上継続へ-FT紙

英紙フィナンシャル・タイムズ (FT、オンライン版)は24日、英国の政府債務について、ブラウン 首相がかつて容認可能とした最大水準を上回る状況が少なくとも20年 続く見通しだと報じた。英財政研究所(IFS)の予想を基に伝えた。

FTによれば、同首相が財務相だった当時に示した「鉄則」は、 債務が国内総生産(GDP)の4割を超えてはならないというもの。I FSによれば、債務がその水準に戻ることは2032年まで恐らくないと いう。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Purkiss at +44-20-7330-7760 or apurkiss@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE