コンテンツにスキップする

中国株(午前):上海総合指数、続伸-保険株上昇、資源株は安い

24日午前の中国株式市場で、上海 総合指数は続伸。金属価格の値下がりを受けて資源株が下げているもの の、保険株上昇がこれを補った。

保険最大手の中国人寿保険(601628 CH)は1.4%高。1-3月(第 1四半期)が増益決算となったことから買われている。一方、産銅大手 の江西銅業(600362 CH)は3.3%の値下がり。銅先物相場7月限のこ こ4日間の下落率が昨年12月5日以来で最大となったことが響いた。

HSBC晋信基金管理の投資マネジャー、閻冀氏(上海在勤)は、 「4-6月(第2四半期)に収益が改善するとの期待は高い」と指摘。 「ただ、依然として収益改善をめぐる不透明感は強く、バリュエーショ ン(株価評価)から判断して、株価は既に高過ぎる水準となっている」 と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前日比6.24ポイント(0.3%)高の22470.19。今週これまでに1.4% 下げており、このままいけば週間ベースでは6週間ぶりの下落となりそ うだ。上海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は同

0.2%高の2599.78。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE