コンテンツにスキップする

KKR:傘下企業支援をファンド出資者に要請、7.3億ユーロ-関係者

米投資会社コールバーグ・クラ ビス・ロバーツ(KKR)は、傘下の欧州プライベートエクイティ (PE、未公開株)ファンドの1つの出資者に対し、KKRが保有す る企業少なくとも6社にてこ入れするための追加資金最大7億3000 万ユーロ(約930億円)を求めた。事情に詳しい複数の関係者が明 らかにした。

協議が非公開であることを理由にこの関係者が匿名で語ったとこ ろによれば、KKRは2005年に募集を締め切った45億ユーロ規模 の「ユーロピアン・ファンドⅡ」への出資者に対し、傘下企業の債務 再編や増資向けに少なくとも4億ユーロの追加資金を要請している。 追加資金によって、傘下企業は割安に債券を買い戻せる可能性もある という。

このいわゆるアネックスファンド(本体ファンドを補完するため 追加資金を供給する付属的な資金プール)への申し込み期限は5月 13日。

KKRは、ファンド資金の大半を使い切り、投資資産を引き続き 管理していくための手元資金が不足したため、追加資金を必要として いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE