コンテンツにスキップする

米アメックスの1-3月期:予想上回る利益-公的資金返済へ(2)

利用額で米最大のクレジット カード会社アメリカン・エキスプレス(アメックス)が23日発表し た2009年1-3月(第1四半期)決算では、利益がアナリスト予想 を上回った。同社は政府の金融安定化資金を返済する意向を表明、同 社株価は時間外取引で上昇した。

継続事業ベースの利益は4億4300万ドル(1株当たり32セン ト)と、前年同期の10億ドル(同89セント)から減少した。カー ドローン返済不履行の増加が響いた。ただ1株利益は、ブルームバー グがまとめたアナリスト20人の予想平均(13セント)を上回った。

ケネス・チェノルト最高経営責任者(CEO)は発表文で「カー ド業界の一部でかなりの損失が出ている時期に、われわれはしっかり とした黒字を維持した」と指摘。「監督当局の認可が得られ、ストレ ステスト(健全性審査)の結果で支持されれば、優先株とワラント譲 渡を通じて政府から受け入れた公的資金を返済する意向だ」と述べた。

カード会社は米政府の金融安定化策を利用するため銀行持ち株会 社への転換を申請した。アメックスは1月に33億9000万ドルの公 的資金を受け入れている。

アメックスの株価は時間外取引で一時、5.2%高の22.05ドル に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE