コンテンツにスキップする

中国政府:麻生首相による靖国神社への供え物奉納に「懸念と不満」

麻生太郎首相が21日から23日ま での靖国神社の春季例大祭に供え物を奉納していたことに対し、中国政 府は「深刻な懸念と不満」を抱いていると表明した。麻生首相の訪中を 来週に控え、批判を強めた格好だ。

中国外務省は23日、ウェブサイトに掲載した声明で、同国政府が 「歴史問題の敏感さを強く主張した」と説明。「日本側の不適切な行動 はどのようなものであれ、日中関係に大きなマイナスの影響を与えるこ とになるだろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE