コンテンツにスキップする

【個別銘柄】自動車、三井物、東宝、パイオニア、ミクシ、キヤノン

23日の東京株式相場における材料 銘柄の終値は以下の通り。

自動車関連株:日野自動車(7205)は前日比7.0%高の276円、 いすゞ自動車(7202)は3.8%高の166円。クレディ・スイス証券は 22日付で、両社株の投資判断を「アンダーパフォーム」から「ニュー トラル」に引き上げた。また、ゴールドマン・サックス証券は自動車 セクターの投資判断を「コーシャス」から「アトラクティブ」に引き 上げ、個別の判断を「中立」から「買い」に上げたトヨタ自動車 (7203)は3.5%高の3890円、ホンダ(7267)は1.7%高の2760円。

パイオニア(6773):23%高の397円。23日付の日本経済新聞に よると、ホンダ(7267)は経営再建中の同社に資本参加する方向で最 終調整に入った。出資額は数十億円規模とみられ、月内の合意を目指 す。両社は月内の取締役会で資本・業務提携を決定する見通しという。

三井物産(8031):1.8%安の1090円。2009年3月期の連結純 利益は1800億円になったもよう。有価証券評価損など追加の損失が 発生し、従来予想の3100億円を下回った。同期の期末配当は見送り。 年間では1株25円となる。

兼松(8020):5.9%安の80円と、3月31日以来の安値へ下落。 09年3月期の連結純損益は145億円の赤字になったもようだ。不動産 事業の減損損失などを計上し、従来予想の30億円黒字から赤字に一 転した。

野村ホールディングス(8604):変わらずの598円。09年3月期 の連結純損益は7000億円前後の赤字(前の期は678億円の赤字)に なったもようと、23日付の日本経済新聞で報じられ、一時4.7%安の 570円まで売られた。同紙によると、赤字額は過去最大。米リーマ ン・ブラザーズの部門買収に伴い人件費が増え、保有資産の価値を厳 しく見直して評価損を計上するという。

東宝(9602):1.9%安の1350円。人気アイドルグループSM APのメンバー、草彅剛容疑者(34)が公然わいせつの疑いで逮捕さ れたことを受け、イメージダウンによる映画興行収入の落ち込みが警 戒された。東宝は9月、同容疑者が主演する映画を公開する。

ミクシィ(2121):ストップ高(制限値幅いっぱいの上昇)水準 となる5万円(12%)高の48万1000円。同社は今夏にも、ゲーム配 信など有料のインターネット事業を始めると、23日付の日本経済新聞 が伝えた。不況がネット業界にも及ぶ中、広告収入に依存した収益構 造の転換を急ぐとも報じている。

日本郵船(9101):1.8%安の441円。23日付の日本経済新聞に よると、10年3月期の業績は、資源輸送船の運賃低迷やコンテナ船の 荷動き悪化が続き、連結経常利益が300億-500億円程度にとどまる こともある。前期は前の期比31%減の1360億円程度となったようだ とも報じている。

ケネディクス(4321):8.1%高の1万8050円。米系運用会社の フィデリティ投信が同社株を7%超保有していることが分かり、投資 魅力のある銘柄との認識が広がった。

キヤノン(7751):3.1%高の2975円。09年1-3月期の連結 営業利益(米国会計基準)は前年同期比82%減の300億円程度になっ たもようと、23日付の日本経済新聞が報じた。世界的な景気後退によ る複写機などの需要は低迷したが、採算が良いデジタル一眼レフの販 売が順調だったため、期初に予想されていた赤字転落は回避したとも 報じている。

川崎重工業(7012):3.9%高の215円。09年3月期の連結営業利 益は従来計画(180億円)を上回る287億円になったもよう。為替レ ートが前回予想時の想定より円安に推移したため。前の期の実績は 769億円。

大成建設(1801):2.9%高の215円。23日付の日本経済新聞は、 同社が地球温暖化対策として期待される二酸化炭素(CO2)の地中 封じ込め事業に参入すると報じた。地盤解析の技術を使い、長期間の 封じ込めに向く地層かどうかを診断するサービスを米カリフォルニア 州のプロジェクトなどに提供するという。

トヨタ車体(7221):1.5%高の1667円。全社を挙げた原価改善 への取り組みや、労務費の削減なども奏功し、09年3月期連結純損失 は従来計画の25億円から11億円と赤字幅が縮小したもう。

岩谷産業(8088):8.7%高の237円。製造業界の投資抑制や工場の 稼働率低下で産業ガスなどの販売が落ち込んだが、LPガス輸入価格 が下げ止まり、09年3月期の連結営業利益が従来計画比16%増の97 億円になったもよう、と前日に発表。前の期の実績は184億円。

沖縄セルラー電話(9436):2.0%高の15万6200円。09年3月期の 単体営業利益は前の期比1.8%増の104億円。売上高は落ち込んだも のの、販売手数料や売上原価の減少が寄与した。10年3月期の営業利 益は前期比13%減の90億円を見込む。

小松ウオール工業(7949):6.3%高の1063円。営業拠点の新設や 新製品開発に努め、10年3月期の連結純利益予想は前期比47%増の 7億7000万円と増益にした。受注残高の消化や、工事進行基準の適 用も影響する。09年3月期は前の期比52%減の5億2200万円だった。

フィスコ(3807):ストップ高水準となる5000円(8.2%)高の 6万6200円で比例配分。同社第2位株主で、東京都港区在住の男性 会社員チョウ・ヒジュン氏(43)が、株式保有目的を再度、「経営参 加」に変更したことが22日、明らかになった。

電子関連株:米アップルが22日発表した09年1-3月期決算で、 「iPhone(アイフォーン)」と携帯デジタルメディアプレーヤ ー「ⅰPod(アイポッド)」が好調なことが明らかになった。アッ プル関連銘柄とみられているフォスター電機(6794)は4.3%高の 710円、東芝(6502)が2.0%高の362円。

石塚硝子(5204):13%高の171円。10年3月期の連結営業損益は 12億5000万円の黒字に転じる見通し。前期実績は6億900万円の赤 字だった。売上高は微減となるものの、資材価格の低下や、生産体制 の再構築などが寄与すると見ている。

IHI(7013):7.8%高の153円と大幅続伸。同社は22日の昼 休み中、前期(2009年3月期)の連結純損益の赤字額が75億円まで 減ったもようだと発表している。採算性の良い工事や造船事業が多か ったことなどが理由。

総合メディカル(4775):10%高の2130円。野村証券金融経済 研究所では、投資判断を「2(中立)」から「1(買い)」に引き上 げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE