コンテンツにスキップする

米政府:金融機関に増資方法開示要求も-健全性審査で資本不足なら

オバマ米政権は、ストレステス ト(健全性審査)の結果を来月4日に発表する際、資本不足と認定さ れた米金融機関に対して、今後どのように資本増強を行うかを開示す るよう指導する可能性がある。事情に詳しい関係者1人が明らかにし た。

最終決定が行われていないことを理由にこの関係者が匿名で語っ たところによれば、政府は金融機関ごとに審査結果を公表し、金融機 関は財務をどのように強化する計画なのかを発表する見通し。

オバマ政権には金融機関に詳細の開示を迫ることで、審査を受け た19金融機関の健全性についてだけでなく、審査自体に対する信頼 の向上を図る狙いがある。

モルガン・スタンレーの元マネジングディレクターで、現在はデ ューク大学ロースクール客員教授を務めるビル・ブラウン氏は「透明 性が重要だ」と指摘。「金融機関は情報を非公開のままにしておこう と図ってきたが、ストレステストがそれをこじ開けた」と説明した。

ガイトナー米財務長官は21日、政府が保有する優先株の普通株 への転換や、民間からの資金調達、金融安定化資金の活用など金融機 関が資本増強を行うための複数の選択肢を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE