コンテンツにスキップする

中国株上昇で資産「バブル」のリスク高まる-華夏基金の王氏

中国最大の資産運用会社、華夏基 金管理は21日公表したリポートで、中国株の上昇でバリュエーショ ン(株価評価)は高過ぎる水準に押し上げられ、資産「バブル」のリ スクが高まっているとの見方を示した。

華夏基金の王亜偉氏はリポートで、「豊富な流動性も要因となり、 バリュエーションは企業のファンダメンタルズを超えている」と指摘。 「現在は投機的な取引が相場をけん引している」と分析した。

中国株の指標である上海総合指数は今年これまでに39%値上が りしており、株価収益率(PER)は22.4倍と、昨年10月31日時 点の12.78倍から上昇。中国株のバリュエーションは現在、ブラジル やロシア、インドを含む新興国のなかで最高となっている。

王氏は中国株の上昇について懐疑的な見方に転じ、今年に入り運 用資産のうち現金の配分を3倍余りに拡大し、株式の配分を縮小した。 米ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの世界投資ス トラテジスト、ジョージ・ホゲット氏は先週、「持続的な上昇」の後、 慎重になるよう助言している。

王氏はリポートで、「流動性は依然豊富で、市場は4-6月(第2 四半期)も活発だが、資産バブル形成の恐れに備える価値はある」と 指摘。「株式相場の力強い上昇は、速いペースでの景気回復を見込む投 資家の楽観的な見方をかなり反映している」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE