コンテンツにスキップする

NY原油(21日):反発、株価上昇を好感-終値46.51ドル

ニューヨーク原油先物相場は反 発。ガイトナー米財務長官が米金融機関の「大部分は」必要以上の資 金を保有していると述べたのが材料となり、米株式が値上がりしたの が背景。

この日の原油先物は1.4%値上がりした。米株相場は金融株を中 心に上昇した。5月限の取引はこの日が最終日。5月限が他の限月に 比べて割安だったことも貯蔵目的の買いにつながった。

トラディション・エナジーの市場調査ディレクター、アディソ ン・アームストロング氏は「5月限と6月限はいずれも売られ過ぎて おり、調整局面を迎えつつあった。株式相場が上昇し、ドル相場は上 値を削られている。こうした要素は原油相場と直接関係ないが、支援 材料になっている」と語った」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比0.63ドル(1.37%)高の1バレル=46.51ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE