コンテンツにスキップする

麻生首相:靖国神社に供え物を奉納、春季例大祭で(2)

麻生太郎首相が21日から23日に かけて行われる靖国神社の春季例大祭に供え物を奉納していたこと が分かった。靖国神社の宮沢佳広・広報課長が21日、ブルームバー グ・ニュースの電話取材で事実関係を認めた。首相は昨年10月の秋 季例大祭でも同様に供え物を納めたという。

宮沢氏によると、麻生首相が神前に奉納したのは「真榊(まさか き)」と呼ばれるサカキの鉢植え。木札には「内閣総理大臣 麻生太 郎」と書かれており、費用は5万円。宮沢氏は「総理の英霊に対する 感謝のお気持ちの表れと受け止めています」と語った。

安倍晋三元首相も現職当時の2007年4月の春季例大祭で靖国 神社に真榊を奉納している。

麻生首相は29、30日に中国を訪問する予定。河村建夫官房長 官は21日午後の記者会見で、首相の行動が今後の日中関係に与え る影響について「特に懸念はしていない」と述べた。

首相は今年2月2日の参院本会議で、靖国神社への参拝につい て「多くの方々が戦没者の追悼のために、その心情に基づいて行っ ているものと十分に認識している。総理の立場は個人的信条と異なっ てはいるが、わたしとしては状況を見て判断をしたい」と語っている。

--取材協力:山村敬一Editor: Hitoshi Sugimoto, Masaru Aoki 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE